• Facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

本学サイト>卒業生の方へ>同窓会会長挨拶

同窓会会長挨拶

同窓会会長就任にあたり


 高千穂学園同窓会、令和2年度第1回理事会において、井上 修前会長の後を引き継ぎ新会長に選任されました昭和49年卒業(大学22回)の千葉吉明です。
 日頃は同窓会の運営につきまして、会員の皆様から多大なご協力とご支援を頂いておりますこと心からお礼申し上げます。
 このたびは新型コロナウイルス感染拡大にともない同窓会諸行事を中止とし、関係会議も書面審議といたしましたので経過を報告いたします。
 5月16日(土)に令和2年度第1回理事会を予定しておりましたが、書面審議に変更し、①2019年度事業報告及び収支決算案報告承認の件並びに会計監査報告、②令和2年度事業計画及び収支予算案承認の件、③令和2・3年度役員改選について審議の結果、理事会一致で承認いたしました。
 5月23日(土)の令和2年度同窓会総会・懇親会を中止として、5月20日(水)に高千穂大学ホームページ(卒業生の方へ)に同窓会総会議題を掲出して、特別にご意見のある方は同窓会事務局宛にメール又は文書でご連絡いただく審議方法にいたしました。また、懇親会は12月5日(土)の忘年懇親会と合わせて開催することとしました。
 2019年度決算は、予算通り執行され、引き続き自己財源の順調な積み上げが図られ、以下のとおり将来に向けて安定した財務体質を維持することができました。3月20日の卒業式が中止となったため、同窓会新会員歓迎会も中止とし卒業生に記念品とともに1,000円のクオカードを贈呈しました。
 2019年度収支決算報告の収入は、予算20,912千円に対して決算21,017千円で105千円の増加、支出は予算15,367千円に対して決算14,162千円で、1,204千円の節約ができました。これにより25年会員の積立金が1,310千円増加できました。
 令和2年度収支予算については、運営収入が21,345千円で前年より327千円増加の予算で、運営支出は15,421千円で前年より1,258千円増加で、3年後の学園創立120周年記念積立金70万円(総額210万円)を含めて計画されております。
 井上前会長は「卒業生のネットワークの拡大による同窓会活動の一層の発展」を図り、各支部活動の充実を強化されました。私は井上前会長が築かれた基盤の上で更に同窓会の拡充と発展を目指して、微力ですが取り組んで参ります。
 令和5年度(2023)に学校法人高千穂学園は120周年を迎えます。学園のご意見を伺い具体的な取り組みを図ってまいります。120周年を機に多くの同窓生に学園・同窓会に一層目を向けてもらえればと考えております。


同窓会会長

千葉 吉明














chiba.jpg

高千穂大学 入試課

〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19-1

フリーダイヤル TEL 0120-012-816

Copyright© Takachiho University. All rights reserved.