• twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

本学サイト>受験生の方へ>入学者選抜情報>学校推薦型選抜(公募制・指定校制)
  • オープンキャンパス
  • オンライン個別相談
  • slider03-0730.png

学校推薦型選抜(公募制・指定校制)

学校推薦型選抜(指定校制) ※専願制、Web出願のみ

選考日程

新型コロナウイルス感染症に伴う高等学校の臨時休業期間に配慮し、学校推薦型選抜(指定校制)については、入学願書受付期間を2020年11月1日(日)~11月10日(火)とします。
なお、試験日・結果通知発送日・入学手続き締切日に変更はありません。


入学者選抜制度 出願開始日

出願締切日

【当日消印有効】

試験日 結果通知発送日

入学手続き締切日

【当日消印有効】

学校推薦型選抜(指定校制)

10月19日(月)

11月1日(日)

11月5日(木)

11月10日(火)

11月22日(日) 12月1日(火) 12月16日(水)

新型コロナウイルス感染症に伴う受験の振替について

新型コロナウイルス感染症等に罹患した入学志願者の受験機会を確保するため、追加の受験料を徴収せずに、希望する別日程への受験の振替を可能とします
学校推薦型選抜(指定校制)については、受験の機会が1回のため、新型コロナウイルス感染症等に罹患した入学志願者に対して追試験(学校推薦型選抜(公募制)第2回の試験日)を設定します。


新型コロナウイルス感染症に伴う試験実施上の配慮について

(1)新型コロナウイルス感染症の発生により、中止・延期等となった大会や資格・検定試験等に参加できず、その結果を高等学校等における部活動等の諸活動の実績や資格・検定試験等の成績として記載できない場合、参加予定であった大会や資格・検定試験等について調査書に記載することを求めます。
この場合、入学志願者の成果獲得に向けた努力のプロセスについて、推薦書の中に記載することを求めます。記載内容については、面接で確認します。(文例:「中止となった〇〇大会出場に向けて、高校1年時より週〇日の練習に欠かさず参加し、他校との練習試合では率先してチームワークの向上に努めてきた。」、「延期となった〇〇検定受験に向けて、約〇か月間の自宅学習を行うとともに、高校の担当教諭に質問し疑問点を解消するなどの努力を行った。」)


(2)入学志願者が提出する調査書において、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う臨時休業により、第3学年の評定を記載できないこと、出席日数、特別活動の記録、指導上参考となる諸事項の記載が少ないこと等をもって特定の入学志願者が不利益を被ることのないように配慮します。


(3)個別面接について、文部科学省のガイドラインに基づき、感染予防対策の上、対面で実施します。ただし、基礎疾患等により試験日の感染を強く危惧する受験生には個別に相談し対応します。


※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、対面での実施ができない場合には、オンラインによる実施等を検討し、決定次第、受験生にお知らせします。オンラインでの実施に当たっては、ICT利用環境の差異や技術的な不具合の発生等により特定の入学志願者が不利益を被ることのないように配慮します。



学校推薦型選抜(指定校制)に関しては、該当校へ通知しています。
詳しくは、高等学校の進路指導室までお問い合わせください。

学校推薦型選抜(公募制) ※専願制、Web出願のみ

募集学部等

商学部商学科、経営学部経営学科(起業・事業承継コース含む)、人間科学部人間科学専攻、人間科学部児童教育専攻


※経営学部経営学科起業・事業承継コースを第一志望とする場合のみ、経営学部経営学科を第二志望として同時に出願することができます。経営学部経営学科起業事業承継コースが不合格の場合に経営学部で合否判定をします。

出願資格

以下の(1)~(5)の要件を満たす者。


(1)本学を第一志望とする者


(2)学校長が推薦する者


(3)次の①・②のいずれかに該当する者

①高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を2021年3月卒業見込みの者および出願時に卒業後1年以内の者
②大学入学資格を付与された専修学校の高等課程を2021年3月卒業見込みの者および出願時に卒業後1年以内の者


(4)出願時、直前に修了した学期(既卒者は卒業時)までの全体の学習成績の状況が以下の者

商学部・経営学部 3.3以上
人間科学部人間科学専攻 3.2以上
人間科学部児童教育専攻 3.5以上


(5)出願時、直前に修了した学期(既卒者は卒業時)までの欠席日数が30日未満の者

出願書類〔Web出願のみ。受験票は入試課で発行し、ご自宅へ送付します。〕

(1)出願確認票[大学提出用]
(2)写真票
(3)高等学校長推薦書(本学所定用紙)PDFはこちらWordはこちら
(4)志望理由書(本学所定用紙)PDFはこちらWordはこちら
(5)小論文(本学所定用紙)
(6)高等学校調査書(開封無効、成績証明書不可)


※(5)については、現在掲載準備中です。近日中に掲載いたします。


※小論文のテーマは、出願開始日前に、本学ホームページに掲載する予定です。

選考方法

面接40点、書類審査40点、小論文20点による総合判定。


 面接では、推薦書・志望理由書を踏まえ、志望理由・修学意欲、取組みや経験に基づく自分の強み、入学後の目標を主として問い、主体性・多様性・協働性を評価します。書類審査では、調査書により主体性・知識・技能を評価します。小論文では、思考力・判断力・表現力を評価します。

選考日程

新型コロナウイルス感染症に伴う高等学校の臨時休業期間に配慮し、学校推薦型選抜(公募制)の第1回
については、入学願書受付期間を2020年11月1日(日)~11月10日(火)とします。
なお、第1回の試験日・結果通知発送日・入学手続き締切日に変更はありません。


入学者選抜制度
出願開始日 出願締切日
【当日消印有効】
試験日

結果通知

発送日

入学手続締切日

【当日消印有効】

学校推薦型選抜(公募制)

第1回

10月19日(月)

11月1日(日)

11月5日(木)

11月10日(火)

11月22日(日) 12月1日(火) 12月16日(水)

学校推薦型選抜(公募制)

第2回

11月16日(月) 12月9日(水) 12月20日(日) 12月25日(金)

1月15日(金)

新型コロナウイルス感染症に伴う受験の振替について

新型コロナウイルス感染症等に罹患した入学志願者の受験機会を確保するため、追加の受験料を徴収せずに、希望する別日程への受験の振替を可能とします最後の試験回の場合には、受験料を返金します
※各選抜区分内での受験の振替を可能とします。

新型コロナウイルス感染症に伴う試験実施上の配慮

(1)新型コロナウイルス感染症の発生により、中止・延期等となった大会や資格・検定試験等に参加できず、その結果を高等学校等における部活動等の諸活動の実績や資格・検定試験等の成績として記載できない場合、参加予定であった大会や資格・検定試験等について調査書に記載することを求めます。
この場合、入学志願者の成果獲得に向けた努力のプロセスについて、推薦書の中に記載することを求めます。記載内容については、面接で確認します。(文例:「中止となった〇〇大会出場に向けて、高校1年時より週〇日の練習に欠かさず参加し、他校との練習試合では率先してチームワークの向上に努めてきた。」、「延期となった〇〇検定受験に向けて、約〇か月間の自宅学習を行うとともに、高校の担当教諭に質問し疑問点を解消するなどの努力を行った。」)


(2)入学志願者が提出する調査書において、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う臨時休業により、第3学年の評定を記載できないこと、出席日数、特別活動の記録、指導上参考となる諸事項の記載が少ないこと等をもって特定の入学志願者が不利益を被ることのないように配慮します。


(3)個別面接について、文部科学省のガイドラインに基づき、感染予防対策の上、対面で実施します。ただし、基礎疾患等により試験日の感染を強く危惧する受験生には個別に相談し対応します。


※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、対面での実施ができない場合には、オンラインによる実施等を検討し、決定次第、受験生にお知らせします。オンラインでの実施に当たっては、ICT利用環境の差異や技術的な不具合の発生等により特定の入学志願者が不利益を被ることのないように配慮します。


その他

・経営学部経営学科起業・事業承継コースを第一志望とする場合のみ、経営学部経営学科を第二志望として同時に出願できます。
(その他の学部・専攻は、第二志望の同時出願はできません。)
・合格後の入学辞退はできません。
・合格者に対して入学前教育を実施します。
・受験票は出願手続完了後、試験日の5日前より順次発送します。