PDF

文字サイズ文字サイズ

  • Facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

本学サイト>卒業生の方へ>支部のお知らせ

支部のお知らせ

支部だより 開催案内 開催報告過去の支部のお知らせ(2017年度)(2016年度

 


支部だより

今後の開催予定(平成30年地区高千穂会開催案内)

時間 支部高千穂会名 開催都市 会      場
10 27 18:00~ 宮城県高千穂会 仙台市 仙台ガーデンパレス
10 27 18:30~ 山形県高千穂会 山形市 川なり
11 3 18:00~ 東海地区高千穂会 名古屋市 はなの舞 名古屋駅西店
11 10 18:00~ 静岡県西部分会 浜松市 酒蔵 ゑびす
11 10 14:00~ 岩手県高千穂会 盛岡市 回転寿司 清次郎
11 10 18:00~ 茨城県高千穂会 水戸市 塚田農場
11 10 17:00~ 長野県高千穂会 長野市 柚子の心 長野駅前店
11 17 11:00~ 東京都高千穂会 新宿区 新宿末広亭「落語鑑賞会」

*平成30年9月3日現在

〇開催案内状は支部高千穂会から会員の自宅に届きます。
〇開催都市・会場が未定の支部は日程が決まり次第その都度ご案内いたします。


 平成30年度 地区高千穂会開催報告

第36回 埼玉県高千穂会≪秋の集い≫~高千穂の代議士2人が出席~


埼玉県高千穂会 副会長
  鈴木喜章(大学23回)


 平成30年10月6日(土)17時より大宮のjack大宮東天紅店18階にて開催しました。本部から井上修同窓会会長はじめ多数の役員の方々に出席いただきました。
総会では司会進行は私、鈴木が担当し、清水実力男新会長より挨拶があり緊張した中での幕開けでした。今回は、伝統ある高千穂で埼玉県から2人の代議士が出席され他支部はおろか他大学にもこの光景は無いと思われます。
 来賓の井上同窓会会長より同窓会および学園の近況の話がありました。
29年度の事業報告・収支報告、小林秀夫監事よりの会計監査報告も承認されました。
 懇親会の前に記念撮影ですが、今年の2月幹事会時に幹事のワンコイン寄付によって製作された埼玉県高千穂会の幟も披露し一緒に撮影しました。
 懇親会では乾杯の音頭を、埼玉県高千穂会会長を10年務めた長野勝さんと新会長の清水さんが声高らかに「乾杯!」と発声いただきました。
衆議院3期当選の神山佐市さん(石破派で水月会20名のメンバー)より9月20日の総裁選についての話を、また新人百武公親さん(額賀派の安部支持)からは、職務経歴や北関東比例区で当選した経緯などを話していただきました。
石井哲夫さん(大学19)からハッピー体操と称する健康維持していくボランティア活動奉仕の話や、初めて参加された有賀利英さん(大学32)はご子息が4年生在学中で学園生活の話などで盛り上がり、2時間40分経過し埼玉県高千穂会は全員で校歌斉唱し閉めました。来年も当会場予約し2次会へと繰り出しました。



◇出席者◇
井上 修(大19)、高松利光、石井哲夫(大19)、後藤栄造(大20)、

清水実力男、白鳥 烈(大21)、千葉吉明、渡辺清隆、岩井孝夫、

長野 勝、間中寿雄(大22)、立原倫平、鈴木喜章(大23)、新井 正、

橋本京子(大24)、神山佐市(大25)、島 虎門之助、松本 健(大26)、

菊池秀之(大27)長谷川 聡、小林秀夫(大28)、小田桐 尚文(大29)、

角屋由華、有賀利英、鷲田吉男、百武公親(大32)、吉田俊弘(大44)

saitama1.jpg

saitama2.jpg

saitama3.jpg



福島県高千穂会会津分会総会・懇親会開催報告


福島県高千穂会会津分
通信員 小野 恭史(大56)

 平成30年8月25日(土)午後6時30分から、会津若松市のセンチュリーホテルにおいて、福島県高千穂会会津分会総会が開催された。来賓として同窓会本部から井上修会長(大18)、いわき分会から根本茂副会長(大24)、林義功事務局長(大26)、中通り分会から駒木根弘会長(大29)が参加された。また、会津若松市出身の大平隆司同窓会評議員(大16)、も参加された。総会は、4月に就任された松崎陽一会長が議長となり、全議案が承認された。その後、写真撮影のあと、懇親会を行った。平塚直記福島県高千穂会最高顧問の挨拶、来賓の皆様のご挨拶のあと、大平隆司同窓会評議員の音頭により乾杯が行われた。
 今回、新たに出席された皆様より自己紹介を頂いた。中でも橋本遼さん(大61)の自己紹介では、橋本さんの自社製品の実演もあり出席者全員から好評を得た。
 参加者による近況報告では、懐かしい話題で盛り上がり、時間が足りなくなってしまうほどであった。
 楽しい時間はあっという間に過ぎ、林義功いわき分会事務局長の中締めにより懇親会は終了した。その後二次会、三次会と遅くまで会津の夜を楽しんだ。
 今回、役員改選後の初の総会となり、多くの会員の皆様に出席頂いた。厚く御礼申し上げます。


◇参加者◇
平塚 直記(大15)、斉藤 正行(大26)、冨岡 敬也(大27)、大塚 敏久(大27)
齋藤 敬一(大28)、渡部 昇司(大29)、大橋 正隆(大29)、松崎 陽一(大51)
菅野 真俊(大53)、中沢 純一(大53)、田尻 理剛(大55)、小野 恭史(大56)
谷津 諒多(大58)、橋本 遼(大61)


aizu.jpg



青森県高千穂会開催報


青森県高千穂会 会長
 小山内 明(大学19回)


 平成30年8月11日(土)午後6時より青森市の「日本料理つかさ」において、第9回青森県高千穂会総会・懇親会を本部から井上修同窓会会長を迎えて開催しました。
 最初に青森県高千穂会会長の小山内が開会の挨拶のあと、総会に入り議題は収支報告や役員の選任等を諮り承認されました。
 引き続き懇親会は、村井昌則君(大学28回)乾杯により始まりました。
 井上同窓会会長より、大学及び同窓会の現況などの報告がありました。
 出席者全員による、学生時代の思い出や現況など談笑、大いに盛り上がりあっという間の2時間余りが過ぎて、千代谷清志(大学24回)の中締めにて閉会となりました。
 今夜をより盛り上げるべく2次会へ。カラオケのオンパレード楽しく過ごし深夜に解散。
 12月ごろに忘年会を兼ね、来年は10回目の節目となるので、開催場所等々意見を聴取したいと思います。近隣におられる方々の参加をお願いします。



◇参加者◇
小山内 明(大19回)、山口 善男(大24回)、千代谷 清志(大24回)、村井 昌則(大28回)
清水 綾子(大28回)、佐藤 勉子(大32回)、宮本 武夫(大35回)、飛島 秀樹(大37回)
今坂 直樹(大38回)、珍田 大吾(大47回)


aomori.jpg



神奈川県高千穂会 総会・懇親会開催


神奈川県高千穂会
通信員 千葉吉明


 平成30年9月1日(土)午後5時から、横浜中華街の永華楼で神奈川県高千穂会総会・懇親会が開催され参加者は41名でした。最初に、神奈川県高千穂会会長の吉田孝一氏から挨拶があり、続いて高千穂学園同窓会会長の井上 修氏から同窓会の現状と大学の近況が伝えられました。
 総会は幹事の原伸晃氏から平成29年度決算と役員改選が伝えられ承認されました。懇親会は神奈川県高千穂会副会長の大塚優一氏の乾杯発声で開始され、懇親会のなかで各自が自己紹介をいたしました。午後8時に神奈川県高千穂会副会長の沓脱幹夫氏が再会を願って中締めを行い、今年度は41名が参加いただき盛況のうちに開催できました。

以下にご来賓のお名前を記載します。「敬称略( )内は卒業回数」

井上 修(18)会長、千葉吉明(22)副会長、渡邊清隆(22)副会長、
鈴木善章(23)副会長、高松利光(19)常任理事、新井 正(24)常任理事、
後藤栄造(20)事務局長、嘉藤京美・神奈川県父母の会支部長

次に神奈川県の参加者のお名前を記載します。


吉田孝一(18)、野沢勝行(16)、沓脱幹夫(高19)、新井雅紀(18)、
下田隆夫(18)、大塚優一(20)、小澤みさを(22)、菊池正昭(22)、
横矢良司(22)、中村卓史(23)、井上典子(23)、山田伸二(23)、
井実裕則(23)、飯島恵二(24)、山口 豊(25)、東 晃造(26)、
東美智子(26)、川真田敏雄(26)、川真田美子(26)、舘合みち子(27)、
有田靖夫(28)、外山 浩(33)、佐藤宏之(34)、森 啓輔(38)、
原 伸晃(38)、岡部正幸(39)、井上 洋(41)、北田大介(51)、
熊坂 翔(61)、作間元気(61)、小山久行(大学院)、角田大祐(大学院)、
佐藤和香(ゼミ連本部在学4年生)


1syuugou.jpg


2sub.jpg

3sub.jpg



新潟県高千穂会
総会・懇親会報告


新潟県高千穂会 通信員 
  藤井 英雄(大学36回)


 第25回となる今年の総会は7月21日(土)に、昨年に引き続き新潟県のほぼ中央にある長岡市のすし割烹米八さんを会場に開催いたしました。当日は高千穂学園同窓会より来賓として井上修同窓会会長と寺尾誠同窓会常任理事をお迎えして総勢11名の開催となりました。
 総会では今成直人新潟県高千穂会会長の挨拶の後、会計報告がされました。
 井上同窓会会長からは、大学の近況などをお聞かせいただきました。引き続き寺尾同窓会常任理事からお話を頂き、その中でこの6月から会社の出向で新潟に転居し、しばらくは新潟にいるとの話を聞き心強い思いをしました。
 総会のあとの懇親会では、一人一人の近況報告を行い、和気あいあいと総会は進行しました。数年ぶりに参加していただいた会員もいて大変盛り上がった会となりました。そして2次会へと続き、本音トークが飛び交い楽しいひとときとなりました。
 総会前の役員の打ち合わせで、それぞれの同級生に声かけしようとのことで働きかけをしました。それが徐々に実を結んできたのかと思います。やはり最後は人間関係が大事だと痛感しました。今後も地道に交流を深め参加者の増大をはかっていきたいと思います。


◇出席者◇
今成 直人(大31回)、植木 直実(大18回)、荒川 敏幸(大29回)
松山 恵一(大29回)、関矢 秀幸(大30回) 、小野塚 信一(大31回)
藤井 英雄(大36回)、井利 孝 (大34回)、吉野 輝昭 (大37回)


niigata.jpg



秋田県高千穂会
総会・懇親会報告

秋田県高千穂会
星宮 弘宣(大学21回)


「秋田県高千穂会」は平成30年7月21日(土)会員7名と来賓に本部より千葉吉明副会長をお迎えし、8名の出席で郷土料理「秋田の瀧」で開催しました。
総会では菊地定夫会長の挨拶に続いて、平成29年度会務報告・収支報告、30年度事業計画案と予算案が原案通り満場一致で可決承認されました。
千葉副会長から、同窓会本部からのお土産として、加齢臭予防に決して身体にはかけないようにとの厳重注意を受け、同窓会創立50周年記念品ルームフレグランス「高千穂の風」が渡されました。
その後、大学及び同窓会の現状や課題そして大学校舎の改築による変貌の様子についてのお話をしていただきましたが、高齢会員にとって大学の施設や環境の変化は喜びと共に一抹の淋しさと感傷のせいもあってか、懇親会では一層思い出話に花が咲き、酒と時間が足りなくなるほどでした。
都市部の「支部だより」を見るたびに総会出席者をうらやましく思うのですが、秋田県高千穂会も出席会員が少数ながらも、最高齢で毎年元気に出席下さる諸井富喜雄顧問や、遠方から多忙な公務を割いて出席して下さる菊池博悦氏、久しぶりに出席した真田正明氏、欠席者の返事の中にも「今回は出席できないが次回は必ず」と参加出来ない事を残念に思っている会員がいる限り、秋田県高千穂会の存続と発展を誓い合い、また来年の開催を約束し散会となりました。


◇出席者◇
諸井富喜雄(大5回)、菊地定夫(大19回)、菊池博悦(大19回)

真田正明(大21回)、星宮博宣(大21回)、松渕 勇(大22回)

石川 健(大32回)


akita.jpg



東京都高千穂会
サントリービール工場見学会に参加して

東京都高千穂会 勝山正之


7月21日(土)午前10:00「分倍河原」駅集合で、本年度第2回目の東京都高千穂会がスタートしました。総勢7名の参加です。山本剛嗣(高14回)さん、中原敬介(大10回)さん、後藤栄造(大20回)さん、渡邊清隆(大22回)さん、新井正(大24回)さん、角屋由華(大32回)さん、勝山正之(大27回)の7名です。
おいしいビールは、麦芽とホップと天然水!
ザ・プレミアム・モルツはダイヤモンド麦芽(試食をしたら甘く香ばしい味)がコクと旨みを引き立たせます。ビールの90%は水!
試飲会では3杯まで飲めました。1位ザ・プレミアム・モルツ、2位マスターズドリーム、3位香るエール、かな?
2次会は東京都高千穂会得意の「昼呑み」です。いつもは公園に出陣するのですが、あまりの暑さに「分倍河原」駅周辺の「磯丸水産」を陣取りました。磯焼きと云えば「サザエのつぼ焼」です。これがうまい!焼けるのを待ちながら、焼酎をオンザロックで飲む。横に和み水(氷水)を置いて飲めば、何杯でもいけますよ!山本先生も大ハシャギ!話題も日大のアメフトが出ました。我が高千穂の鈴木さんのご意見も聴きたかったところです。
この頃思いますが、参加者に年下の若者大募集です。先輩の話をしっかり聴いてみる事もとても大切な事だと思います。総会は総会として、支部活動の大切なところは、参加した人と一生懸命語り合う事かと思います。家に帰った時「充実感」があります。企画回数を増やし、人数は2ケタ20名くらいが丁度いいんじゃないかと思います。
ぜひ、東京都高千穂会に足を運んでみて下さい!


tokyo1.jpg

tokyo2.jpg



福島県高千穂会 中通り分会
第10回総会・懇親会報告


福島県高千穂会 中通り分会
谷野


福島県高千穂会中通り分会は、7月7日の七夕の日に10回目となる総会・懇親会を同窓会本部から井上修同窓会会長を迎え、郡山ビューホテルアネックスで開催しました。今期から、八巻前会長から駒木根新会長にバトンタッチされ初めての総会でしたが、参加人数は7名にとどまりました。毎年参加人数の少なさに危機感を持っていましたが、今後も地道に活動して会員の皆様にアピールしていきたいと思います。
福島県は、全国新酒鑑評会で受賞銘柄数6年連続日本一とした上、奥の松酒造の「奥の松 あだたら吟醸」が世界一に輝くなど、美味しい日本酒の宝庫です。是非同窓会の皆様と福島の酒を酌み交わし、大いに語り合いたいと思います。
なお総会は、毎年7月の第一土曜日に「郡山ビューホテルアネックス」と固定化しました。郡山近辺はもとより、県北、県南の同窓会員の皆様のお出でを心よりお待ち申し上げます。


◇出席者◇

松﨑 陽一(大51回)、草野 洋治(大17回)、林 義巧(大26回)

駒木根 弘(大29回)、谷野 信夫(大25回)、鈴木 哲郎(大21回)


fukushimanakadoori.jpg



高知県高千穂会
2年3か月ぶりに総会・懇親会開催


高知県会長

高村 俊寛(大学49回)


平成30年5月26日(土)午後6時より、高知市の三翠園にて、高知県高千穂会総会・懇親会を約2年3ヶ月ぶりに開催しました。
本部より井上修会長を来賓に迎え、高知からの参加は13名でした。井上会長からは、同窓会本部の活動報告と、近年の卒業生の就職状況や大学の現状等の説明がありました。続いて総会に入り島崎茂会長(大学22回卒)が議長となり、会計報告や事業計画を諮り、全会一致で承認されました。また、本年は高知県高千穂会の役員改選も行われ、島崎会長が顧問に就任され、新会長には髙村俊寛(大学49回卒)が就任しました。
高知は本学の創設者である川田鐡彌先生の出身地ですが、本県出身の学生が近年は少ない状況が続いていることから、本県の高校への広報活動を行う予定です。また、「高千穂学園創設の歴史について高知でも知られていないのではないか?」と、ミーティング形式の勉強会の開催を計画。寺尾禮二先輩(大学23回卒)を中心とし、今年度中に開催の予定です。ちなみに、高知市・桂浜に建つ坂本龍馬像の場所は、嘗て川田先生の所有地で龍馬像建立に際し、地元有志が先生に所有地譲渡を陳情し、建立に至ったことが記録に残っています。
総会後の懇親会では、井上修会長と同級生の成岡健博先輩(大学18回卒)と久々の再開を喜び会う姿も見られるなど、出席者の近況報告や学生時代の思い出話に花が咲き、大いに盛り上がっていました。



◇出席者◇
成岡 健博(大18回)、島崎 茂(大22回)、高村 俊寛(大49回)

川窪 財(大33回)、彼末 俊英(大42回)、高村 宏(大24回)
真鍋 豊志(大29回)、安岡 実(大19回)、秋山 芳(大21回)

塩見 浩一(大22回)、寺尾 禮二(大23回)、井上 章(大26回)
広田 繁実(大27回)、小谷 昌平(大38回)


kochi.jpg



千葉県高千穂会
総会・懇親会を盛況に開催!!


通信員 荒井 正光(大学26回卒)


6月23日(土)13時より、千葉駅前センシティータワー22階「居酒屋甘太郎千葉センシティ店」にて、「平成30年度千葉県高千穂会総会・懇親会」が開催されました。
来賓として、同窓会本部より井上修長、千葉・渡邊・鈴木副会長、高松・新井・寺尾・角屋常任理事、後藤事務局長の九名にご出席を賜りました。
総会では、議事として、収支・監査報告がなされ満場一致で承認。報告事項として役員変更、千葉県高千穂会旗の披露、そして千葉県高千穂会長老の「佐藤久弥氏白寿お祝い」が報告されました。
懇親会では、佐藤氏に千葉県高千穂会より、「白寿の記念品」と「花火付きのデコレーションケーキ」が贈呈。佐藤氏は、九十九歳とは思えない頭脳明晰な話し振りと、背筋がピンと伸びた凛としたお姿に一同驚き感動しました。
恒例の自己紹介と近況報告が各人より行われ、歓談タイムでは、参加者一同、年の差を越えて高千穂時代にタイムスリップしたように楽しく話が弾んでいました。
その後、有志で居酒屋へ流れ、大いに盛り上がり、二次会終了後、夜の帳は遅くても賑やかな千葉駅前で握手を交わし、来年の再開を誓い合いました。


◇出席者◇                       
鈴木 公一(高校18回)、佐藤 久弥(高商24回)、大平 隆司(大学16回)

長岡 良行(大学16回)、串田 昭博(大学23回)、石井 孝幸(大学25回)

立石 健也(大学25回)、荒井 正光(大学26回)、中澤 稔(大学28回)

須藤 新治(大学33回)、若村 高明(大学39回)、高橋 康一(大学41回)
中村 豊(大学院64回)


2-1chiba_syuugou.jpg

2-1chiba_sato.jpg

過去の開催報告

平成29年度(2017年度)の開催報告はこちらからご覧ください。

平成28年度(2016年度)の開催報告はこちらからご覧ください。

高千穂大学 入試課

〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19-1

フリーダイヤル TEL 0120-012-816

Copyright© Takachiho University. All rights reserved.