PDF

文字サイズ文字サイズ

  • Facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

本学サイト>高校教員・塾予備校関係者向け情報
入試情報

siryouseikyuu_pc.jpg

jukenbanner.gif

高校教員・塾予備校関係者向け情報

高校の先生(本学OB・OG含む)、または学習塾・予備校のご担当者様を対象に、さまざまな情報提供をしています。

ご質問やご要望などがございましたら、お気軽に入試課(03-3313-0148)へご連絡ください。



大学説明会

高校の先生を対象に、本学の説明会を開催しています。

学長挨拶、本学の特色、就職支援体制の説明、入試制度説明をなどを行っています。

事前に入試課より書面にてご案内を差し上げておりますが、参加を希望される方は、入試課(03-3313-0148)へご連絡ください。 

IMG_0089.jpgIMG_0105.jpgIMG_0099.jpg


大学見学会

高校生と引率の先生などのグループを対象に、本学の特色の説明、施設見学、授業見学、学食体験などを行っています。

大学見学会の参加にあたっては、グループ、クラス、学年全体などの単位で対応しています。

内容もご希望やお時間に合わせることができますので、お気軽に入試課(03-3313-0148)へご連絡ください。 


  1. ①進学ガイダンス
  2. ・・・より良い大学選択の方法、学問系統の違い(商学・経営学・経済学の違い)などを説明し、進学について理解を深めます。
  3. ②模擬授業
  4. ・・・希望する学問系統に関連のある教授が模擬授業を実施。大学の授業を体験することで、大学の学びの理解を深めます。

  5. ③授業見学
  6. ・・・実際に行われている授業を見学し、授業の雰囲気や在学生の様子を見ていただきます。

  7. ④キャンパスツアー
  8. ・・・大学の教室や設備をツアー形式で見学します。高校と大学の違いをリアルに感じていただきます。

  9. ⑤学食体験
    • ・・・学生食堂でご希望に沿ったメニューを召し上がっていただきます。なお、参加人数が20名を超える場合はメニューを選定させていただきます。

  10. ⑥学生生活紹介
  11. ・・・在学生から学生生活について話を聞くことで、大学生活を具体的に想像できるようになります。
  12.    (出身高校のOB・OGの調整も可能です)

 

●開催例(午前)

 10:00 正門集合       

 10:10 大学説明 (40分)      
 11:00 模擬授業 (30分)      
 11:30 学食体験 (30分)     

 12:00 解散


●開催例(午後)※ご希望により学食体験もお選びいただけます。

 14:00 正門集合

 14:10 大学説明 (40分)

 15:00 施設見学 (20分)

 15:20 授業見学 (30分)

 16:00 解散

IMG_4754.JPGIMG_4758.JPG

IMG_4770.JPGIMG_4785.JPG 


出身学生の母校進路懇談会への派遣

高校で実施する進路行事へOB・OGの出身学生を派遣し、学生生活や進学への心構えなどを説明することで、進路選択の一助としています。

 

模擬授業・出張講義

高大連携事業の一環として、本学の専任教員を高校へ派遣し、出張講義を実施しています(無料)

高校1~2年生に対しては、高校と大学での学びの違い、学部・専攻選びの一助として、

高校3年生に対しては、学部・大学で学んだことが将来どのように役立つのか等、理解を深めて頂く機会と位置づけています。


商学(マーケティング/金融/会計)、経営学(企業経営/経営法務/情報/起業・事業承継)、

人間科学(心理・コミュニケーション/社会・ライフデザイン/児童教育)の分野を中心に多様なテーマをご用意しています。

(詳細については以下をご参照ください)

以下の科目・テーマ等については一例です。既存のテーマ以外での模擬授業(出張講義)も可能です。


出張講義を希望される場合には、入試課(03-3313-0148)へご連絡ください。

講義内容等のご相談も含め随時予約を受付けています。

 

2017年度オープンキャンパス模擬授業実施内容(ご参考)

学部 分野 教員名 主な担当科目

模擬授業

出張講義タイトル

概要 時間

庄司真人
教授
マーケティング論
流通経営論
iPhoneのマーケティング アップル社によるiPhoneは単なる携帯電話としての機能だけではなく、モバイル端末として多くの人々が利用しています。iPhoneの強さをマーケティング的に分析してみると今までとは異なる視点が得られるかも!?

30

60

永井

竜之介
准教授

マーケティング情報論
マーケティング論
なぜヒット商品は生まれるの?
-企業の戦略と、消費者の反応-
「ヒット商品は、『運』と『戦略』で生まれます。「君の名は。」や「逃げ恥」のような映像コンテンツも、「瞬足」や「消せるボールペン」のような商品も、たまたまヒットしたわけではありません。
消費者の反応を予測して、ヒットを生み出す企業の戦略があるのです。ビジネスの裏側について、一緒に考えてみましょう。」

恩藏三穂
教授
保険論
リスクマネジメント論
役に立つ保険学
-いざというときのために-
私達の身の回りには様々なリスクがあります。東日本大震災をきっかけに、地震リスクをあげる人が多いかもしれません。その他にも、交通事故リスク、火災リスク、病気リスクなどがあげられるでしょう。「保険」は、これらのリスクに対処する方法として大きな役目を果たしています。そこで、模擬授業では身近なリスクを例にあげながら「保険とは何か」について、一緒に考えていきたいと思います。
髙田大安
教授
金融総論
銀行論
「金融資産の運用管理について」 金融投資で成功することは、世界の金融市場を相手にポーカーを続けて勝ち越すようなもので、気の抜けない全身全霊の努力が求められる。
そして、成功して資産家になると、人々は、ひどい不運から財産を守ることは財産を増やすことと同様にとても大事なことであることを知ることになる。
柴田舞
准教授
経済学
証券論
金融投資のハイリスク・ハイリターンってなんだろう? 金融投資はハイリスク・ハイリターンといわれることがあります。
そもそも「ハイリスク」と「ハイリターン」とは、どのような意味でしょうか。
 ハイリスクとハイリターンという言葉をヒントに、金融投資でお金がどのように変化するのか、考えます。

西山徹二
教授
会計学総論
簿記
税理士・簿記論
会計情報で任天堂を分析する
-SWITCH発売は成功だったのか?-
日本を代表する大企業である任天堂は、2017年3月3日に新しいハードであるNintendo SWITCHを発売しました。Wiiの大成功の後に発売されたWii Uの大失敗を受けて任天堂が発売した新ハードは、市場にどのように受け入れられたのでしょうか?これまでの任天堂の会計情報や株価に基づいてSWITCHが市場からどのように評価されたのか分析してみます。
成田 博
教授
原価計算論
会計情報システム論
コンピュータ会計
学園祭で焼き鳥店を開店、このビジネス
儲かるの?儲かったの? 
-会計の勉強は難しくない!-
「会計」は難しい?NO!です。会計は、企業の財産や利益の状況といったビジネスの結果を示すだけではなく、将来の姿も見せてくれる重要な情報作成・提供の役割を果たしています。受講すれば、きっと「会計」に興味・関心が湧くはずです。「会計」を学ぶとどのような職業や仕事につながるのか、あなたの将来の姿も見えるかも?
川﨑芙有
准教授
会計学総論
簿記
税理士・簿記論
会計にまつわる仕事と商学部での学び 多くの学生さんは、大学を卒業すると、どこかの会社に就職して仕事をすることになります。そうした仕事のなかには、会計にまつわる仕事があります。この授業では、会計にまつわる仕事にはどのようなものがあるのか、そして、そのような仕事をするために必要となる知識と商学部における学びとの関係について考えたいと思います。

田口和雄
教授
経営労務論
賃金管理論
経営学のススメ
-実は身近な学問分野-
「経営学=企業・会社」に関わる学問と思っているのではないでしょうか? そうではありません。実は私たち(子供からお年寄りまで)は毎日の生活の中で無意識に経営学を実践しているのです。身近な生活を例に、経営学の入り口を一緒に考えていきたいと考えています。
黒川雅之
准教授
キャリアデザイン論 勉強と仕事はどこが同じでどこが違うの?
-大学の勉強は仕事に役立つの?-
皆さんはどう答えますか?
社会人でも、この質問、意外とわかっているようでわかっていなかったりするものです。
この講義では、このテーマについて考え、さらに、仕事(ビジネス)で必要とされる能力がどのようなものかを見ていくことにします。また、経営学部での学びがどのように結びついていくのかも考えます。
小林康一
准教授
経営心理学
経営社会学
経営学概論
情報と社会
ビジネスモデルで考えるEXILE
-成功の秘訣を考える-
会社の製品やサービスの成功の裏には、必ずしっかりとしたビジネスモデル(事業のしくみ)があります。この講義では、皆さんご存じのEXILEを例に、彼らがどのようなビジネスモデルによってグループを拡大し、今のような大成功を収めたのかを一緒に考えていきます。みなさんからの意見や発言も大歓迎ですので、興味のある人は是非ご参加ください。

森平明彦
教授
法律学
外書講読
経済法
ビジネスのいじめ
-ブラック企業と下請取引-
「ブラック企業」といわれる労働者の雇用条件の悪化、また消費税増税に伴って引き上げ分を取引先業者へ負担させる問題は、労働法や独占禁止法が解決を求められる課題であると同時に、歴史的な経済の展開に基づく事を明らかにします。
村上 誠
准教授
企業法
法律学
「社長になるには?」「社長も首になる?」 いつかは「社長」に!と考える人もいるかもしれません。社長になるにはどうすれば良いでしょうか?会社の業績に最も貢献し、誰よりも出世すれば、社長になれるでしょうか?晴れて社長になれたとして、首になることはないのでしょうか?正解は法律(会社法)が教えてくれます。ぜひ正解を教室に聞きに来てください。


大島久幸
教授
経営史
企業家論
君ならどうする?
-企業家の意思決定-
10年後、20年後の自分は会社でどんな意思決定をしているのでしょうか。より良い意思決定をするために大学では何を学ばなければならないのでしょうか。皆さんが社長になったという想定で、企業が実施に直面した意思決定の事例を使いながら、何を考えなければならないのか、社会で求められることは何か、そのために大学で学ぶべきことは何かを一緒に考えてみたいと思います。
加藤秀樹
教授
企業経営実習
事業計画論
「企業経営の実際 ~ソフトバンクの経営~」 「ソフトバンクの経営を事例として、経営理念や経営ビジョンの企業経営における重要な役割
について考えてみましょう。また、創業経営者の孫社長の経営上の決断など、経営者がどのような考えで、どのように意思決定を行ったか・・・、実際の事例を中心にして考えてみましょう。」

降籏徹馬
教授
経営工学
応用表計算
情報通信産業の実力 現代社会が「情報化社会」といわれて随分と経ちましたが,未だに日々技術革新が続いていて,AI,ビッグデータ,IoTなど,なんだかよくわからない言葉をあちこちで見たり聞いたりするようになりました.こうした取り組みを行っている企業はどういう企業なのでしょうか? そして,その実力はいかほどなのでしょうか? この模擬授業では,この答えの一端を写真やグラフを使いながらわかりやすく説明します.

30

60

永戸哲也
助教
情報社会論
情報リテラシー
君はPepperに何をさせる?
-人型ロボットのビジネスモデルを考える-
ソフトバンクの人型ロボットPepperが話題です。もともと日本はロボット産業に強みを持っていましたが、人型のコミュニケーション・ロボットが家庭でも購入できる時代がやってきました。そんなPepperでどんなビジネスを展開したらいいのだろう。経営学と情報学の2つの視点から考えてみよう。
中山景央
助教
生産管理論
社会情報システム論
効率よくモノを作るとは?
-モノづくりの仕組みとサービス業への応用まで-
モノづくりと言うと車やテレビのような家電製品を作るためだけの学問のように聞こえますが,モノづくりで指すモノとは形のある製品だけでなく無形のサービスなども含まれます.ここではモノづくりという価値を創出する活動を効率よく行うための管理方法についての概論や,サービス業における応用方法を紹介していきます.

小向敦子
教授
ジェロントロジー 「楽しい自己紹介」をつくってみよう
自己開示・自己PRの秘訣
皆さんの中には「自己紹介をもう少し格好良くできたら」と思っていたり「自己紹介が苦手」と感じている方がいるかもしれません。自己開示や自己PRが、上手にできるかできないかで、人生の進路に大きな差が開く!? 今回の模擬講座では、皆さんがこれから、実際に活用できる自己紹介の秘訣を、大放出!是非、ご参加下さい。
松谷明美
教授
英語
言語学
変わりつづける若者ことば
-いわゆるKY語と短縮語との比較から-
電子メールやラインの普及に伴い、急激に日本の若者が日常使っている日本語がかなり変化してきています。日本語版頭文字語ともいえる、いわゆるKY語もその一つとしてあげられます。世間一般にかなりの頻度で使用することで、例えば ‘CB’が「超微妙(Chou Bimyou)」、そして ‘JK’が「女子高生(Joshi Kousei)」を意味することに慣れてきていますが、それでも意味が類推できないKY語はたくさんあります。この模擬授業ではなぜKY語だけ聞いたのでは意味が類推できないのかを短縮語と比較しながら、その理由を考えていきたいと思います。
染谷昌義
教授
人間科学概論
心の科学
人工知能(AI)には何ができないか
-人間とAIを比較する哲学-
ここ数年、AI、ビッグデータといったいわゆる電脳技術の革新により、日本の産業構造が劇的に変わり、それによって私たちの雇用や生活も大きく変化すると言われています。実は、かつて人工知能研究は人間の知性をコンピュータによってモデル化し、それによって人間の知的能力を深く知るための人間科学研究の一つでした。人間にはできてAIにはできないことって何なのでしょうか。人間とは何かという問題を最新の技術の問題と一緒に考えてみましょう。
迫 一光
准教授
社会保障論
ライフデザイン論
生きていくために必要なお金っていくらくらい? 皆さんは今、周囲の人に支えられて暮らしていますが、大学を卒業したら自立して生きていかなければなりません。皆さんが生きていくうえで一体どれくらいのお金を稼げばよいのか、気になった方は是非どうぞ。皆で一緒に将来のこと考えてみませんか?
吉原千賀
教授
家族社会学
社会心理学
”就活”や”婚活”はなぜするの?
-社会や心理から考えよう-
このところ“就活”や“婚活”、”離活”、”終活”など様々な「活動」に人々の関心が寄せられていますが、それはなぜなのでしょうか?就職・結婚などのライフイベントと社会状況、人間関係や人々の心理との関連について検討しながら、「なぜ今、大学で学ぶのか」についても一緒に考えてみましょう。
木村正人
准教授
ヒューマンコミュニケーション論
異文化間コミュニケーション論
コミュニケーション能力ってなあに?
-参加型授業で考える-
就職の際に、企業が昨今もっとも重視するのがコミュニケーション能力。でもそれってどんな能力なの?若者の能力が低下しているっていうけど本当?参加型の授業を体験しながら、いっしょに考えてみよう!
橋本栄莉
准教授
異文化間コミュニケーション論
人間科学方法論
「モテる」ための絶え間なき戦い
-世界の「女子力」・「〇〇男子」から考える女・男らしさ-
最近よく耳にするようになった「女子力」や「草食系男子」という言葉。あなたはこの言葉を聞いて、どんな人物をイメージしますか?私たち人間は、「モテる」ために絶え間ない努力と工夫を続けてきました。世界には、実に多様なモテ方やそのための戦略が存在します。世界の「女子力」や「〇〇男子」を旅することで、私たちがこれまで当たり前だと思ってきた「女らしさ」や「男らしさ」の不思議について考えてみませんか。

松丸修三
教授
教育学
教育制度
教育実践研究
教育実践演習
いじめをどう減らすか 文部科学省の調査結果によると、いま全国の小・中・高で、毎日平均して500件程度のいじめが発生しています。児童生徒のいじめがこのように多発する原因には、学校生活で感じるストレスや規範意識の希薄化などがあります。では、どうしたらいじめを減らせるのでしょうか、今回は児童生徒の「絆」を強めるという観点から考えてみます。

長谷川

万希子
教授

社会福祉論
ボランティア論
東京オリンピック・パラリンピックを読み解く!
-人間科学・経営学・商学からパラ・アプローチ-
2020年東京オリンピック・パラリンピック。あなたはその時、大学何年生?東京オリンピック・パラリンピックを、人間科学・経営学・商学の異なる領域からパラ・アプローチで読み解こう!あなたが気になるキーワードはどれ?模擬授業で登場する10種類のキーワード:ボランティア、教育、心理学、環境、情報、企業、経営戦略、会計、観光、マーケティング。
立石展大
教授
日本文学
国語
日本語
「かちかち山」の教育論
-ウサギは懲役9年?-
古くから口伝えされてきた昔話には残酷な伝承もみられます。しかし、現代において昔話が絵本や児童向け読み物として出版される際、残酷な描写は時に改変されます。教育的配慮からですが、一方、口伝えの昔話にも伝統的な教育観がありました。では、どのような教育が望ましいでしょうか。昔話を手がかりに、あなたの教育観を深めてみましょう。
上野泰治
准教授
教育心理学
生徒指導論
教育相談の基礎
心理学実験を体験してみよう 高千穂大学では、教育心理学・発達心理学・認知心理学・知覚心理学・社会心理学・青年心理学など、様々な心理学を学ぶことが出来ます。この講義では、皆さんに様々な心理学実験・心理学研究を体験してもらい、心理学を学ぶ楽しさを感じてもらいたいと思っています。
  1. ※お申し込みの前にご確認ください。
  2. 1. 実施希望日の10日前までに、入試課宛に電話(03-3313-0148)・FAX(03-3313-9034)
  3.   Eメール(nyushi@takachiho.ac.jp)・問い合わせフォームのいずれかよりお問い合わせください。
  4. 2. お問い合わせの際は、①希望日、②希望時間、③受講予定人数、④貴校でのパソコン・プロジェクター貸出の有無の
  5.   計4点についてお知らせください。
  6. 3. 上表よりお選びいただき、科目・テーマ等をお知らせください。
  7.   曜日・時間帯によりご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。
  8.   一覧にご希望の内容がない場合にはご相談ください。
  9. 4. 模擬授業・出張講義に伴う交通費は本学で負担します。
  10. 5. 教員は謝礼を受け取りません。ご了承ください。

出張相談会・出張説明会 

入試課の職員が貴校へ伺い、個別相談に応じる出張相談会をしています。

入試制度、教育カリキュラム、奨学金、就職サポート、学生生活、部活・クラブなどの多岐に渡った相談を受け付けています。また、グループやクラスを対象とした説明会にも対応しています。

系統別説明、入試説明などにも応じますので、お気軽に入試課(03-3313-0148)へご連絡ください。


学校見学

学校見学・個別相談は以下の時間に受け付けています。

(平日:9~16時、土曜日:9~11時)

入試制度、教育カリキュラム、奨学金、就職サポート、学生生活、部活・クラブなどの多岐に渡った相談を受付ています。

また、ご希望の方には施設・授業見学も行います。所要時間は1時間程度です(保護者の同伴も可)。

当日にお越しいただいても対応できますが、事前に入試課(03-3313-0148)へご連絡いただけるとスムーズにご案内できます。


soudan.jpg

入試関連資料(大学案内、願書等)の発送

 入試関連資料を無料で配布しています。

 本学ホームページから取り寄せ可能です。(→資料請求はこちら

 2部以上を希望される場合は、入試課までご連絡ください。

siryou.jpg

高千穂大学 入試課

〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19-1

フリーダイヤル TEL 0120-012-816

Copyright© Takachiho University. All rights reserved.