• twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

本学サイト>高千穂大学・受験生向けサイト>入試情報>入学検定料・学費・奨学金制度(大学)
  • 3学部がカリキュラム変更
  • 特待生入試
  • AO公募出願

入学検定料・学費・奨学金制度(大学)

大学

2017年度 入学検定料

入学検定料 30,000円(センター方式 10,000円)

本学への入学を特に熱望する受験生への経済的負担を軽減するため、以下の通り入学検定料の特別割引措置を行います。

【地方割引】

本学の指定する地域に居住する受験生に対し、地方割引として入学検定料総額から 10,000円割引します。

指定地域 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を除いた全ての地域、および東京都島しょ部(伊豆諸島・小笠原諸島)

【再受験割引】

本学の2017年度入試においてセンター方式を除き、再受験する場合には、入学検定料を以下のとおりとします。


  • センター方式を除く入試制度を受験し、合否結果発表後に AO入試または公募制推薦入試を再受験する場合 は、1入試日あたり 20,000円 とします。
  • センター方式を除く入試制度を受験し、合否結果発表後に AO入試または公募制推薦入試を再受験する場合 は、1入試日あたり 20,000円 とします。

【同時出願割引】

一般入試において、以下のパターンで同時に、同一封筒で出願した場合に限り割引制度が適用されます。

同時出願パターン 入学検定料
英語・国語(Ⅰ期)+ベスト2教科(Ⅰ期) 40,000円

【ファミリーシップ割引】

本学卒業生または本学在学生が血縁者(祖父母、父母、兄弟姉妹に限る)にいる場合、入学検定料より10,000円を割り引きします。出願時に、上記血縁者の卒業証書のコピーまたは卒業証明書、あるいは在学証明書を同封してください。この割引は地方割引と併用することができます。

【併願制度】

併願制度のある入試に出願する場合、第2志望学部・専攻の入学検定料は無料です。

割引制度表

※注意
1. 地方割引と再受験割引は併用できない。
2. センター方式の入学検定料割引は行わない。
3. 入学検定料の納入額が不足している場合は、受験できません。
4. 入学検定料が過納入の場合は、返還できません。

入学検定料をよく確認し、誤りなく納入してください。
学部の願書に付いている入学検定料振込依頼書またはコンビニエンスストアで入学検定料を支払うことができます。
コンビニエンスストアからの支払方法についてはこちら。

http://e-shiharai.net

(携帯電話をご利用の方は、右のQRコードからアクセスしてください。) http://e-shiharai.net

2017年度 入学納入金

推薦入試・AO入試 入学生納入金(「起業・事業承継コース」を除く)

納入期限/内訳 入学金 学費 その他の経費 初年度納入金合計
授業料 施設設備費 教育充実費 小計 高千穂学会費 学友会会費 父母の会会費 小計
入学手続時 220,000 - - - - - - - - 220,000
春学期
2017年2月24日まで
- 340,000 105,000 15,000 460,000 3,000 6,000 10,000 19,000 479,000
秋学期
2017年9月30日まで
- 340,000 105,000 15,000 460,000 6,000 - 6,000 - 466,000
初年度
納入金合計
220,000 680,000 210,000 30,000 920,000 3,000 12,000 10,000 25,000 1,165,000

※入学金は初年度のみです。
※12月までに実施する入試の入学手続きは、入学金の納入と入学手続書類の提出のみとし、春学期学費及びその他の経費(479,000円)は2月24日までに納入してください。1月以降に実施する入試の入学手続時は、入学金と学費を一括納入となります。
※ 児童教育専攻の2年次以降の教育充実費は、年額50,000円となります。
※授業料は4年間据え置きです。
※上記以外にオリエンテーション費として10,000円(上限)を徴収する場合があります。
※2年次から4年次まで、同窓会予納金として年間15,000円(春学期8,000円、秋学期7,000円)を徴収します。
※4年次秋学期に卒業アルバム代として10,000円(予定)を徴収します。

「起業・事業承継コース」入学生納入金

納入期限/内訳 入学金 学費 その他の経費 初年度納入金合計
授業料 施設設備費 小計 高千穂学会費 学友会会費 父母の会会費 小計
入学手続時 220,000 - - - - - - - 220,000
春学期
2017年2月24日まで
- 440,000 105,000 545,000 3,000 6,000 10,000 19,000 564,000
秋学期
2017年9月30日まで
- 340,000 105,000 445,000 - 6,000 - 6,000 451,000
初年度
納入金合計
220,000 780,000 210,000 990,000 3,000 12,000 10,000 25,000 1,235,000

※入学金は初年度のみです。
※12月までに実施する入試の入学手続きは、入学金の納入と入学手続書類の提出のみとし、春学期学費及びその他の経費(564,000円)は2月24日までに納入してください。1月以降に実施する入試の入学手続時は、入学金と学費を一括納入となります。
※2年次以降の授業料は、年額880,000円となります。
※上記以外にオリエンテーション費として10,000円(上限)を徴収する場合があります。
※2年次から4年次まで、同窓会予納金として年間15,000円(春学期8,000円、秋学期7,000円)を徴収します。
※4年次秋学期に卒業アルバム代として10,000円(予定)を徴収します。

一般入試 入学生納入金

納入期限/内訳 入学金 学費 その他の経費 初年度納入金合計
授業料 施設設備費 教育充実費 小計 高千穂学会費 学友会会費 父母の会会費 小計
入学手続時 220,000 340,000 105,000 15,000 460,000 3,000 6,000 10,000 19,000 466,000
秋学期
2017年9月30日まで
- 340,000 105,000 15,000 460,000 - 6,000 - 6,000 466,000
初年度
納入金合計
220,000 680,000 210,000 30,000 920,000 3,000 12,000 10,000 25,000 1,165,000

※入学金は初年度のみです。
※児童教育専攻の2年次以降の教育充実費は、年額50,000円となります。
※授業料は4年間据え置きです。
※上記以外にオリエンテーション費として10,000円(上限)を徴収する場合があります。
※2年次から4年次まで、同窓会予納金として年間15,000円(春学期8,000円、秋学期7,000円)を徴収します。
※4年次秋学期に卒業アルバム代として10,000円(予定)を徴収します。

高千穂大学奨学制度

本学に在籍する有為な人材に対する教育を受ける機会均等のための経済的支援及び能力などの育成を支援することを目的とする奨学金制度です。

制度名称 学費等免除奨学金制度
目的 入学後に、家庭の経済状況急変により修学が困難となった学生を対象に学費等を支援する。
応募条件 入学後に発生した経済状況の急変により修学が困難となった学生で、所定の単位を取得している者
対象 1~4年生
給付額 当該年度授業料及び施設設備費を免除
申込時期・方法 随時、学生課へ申し込む
採用予定人数 若干名
制度名称 私費外国人留学生奨学金制度
目的 本学に在籍する私費外国人留学生の経済的負担を軽減し、学業の継続を支援する。
応募条件 留年生及び休学者を除く在留資格「留学」を有する私費外国人留学生で、経済的に就学が困難な者。(学業、人物ともに良好で、所定の単位を取得するなど別途条件があります。)
対象 1~4年生
給付額 授業料(各学期)の30%を免除
申込時期・方法 新入生は4月末まで、在学生は前年度秋学期定期試験最終日までに学生課へ申し込む
採用予定人数 要件を満たした者

表彰規程

学生として前年度学業成績が優秀な者及び各種の行動や成果が著しく顕著である者につき、その功績を讃え表彰する制度です。

1.学業成績優秀者賞

給付内容 当該年度授業料相当額
対象学年 2年生以上
条件 前年度の学業成績、かつ人物ともに優秀な者(学業成績については別途条件あり)
担当部署 学務部 学生課

2.小池厚之助賞

給付内容 副賞 5万円(昨年度実績)
対象学年 2年生以上
条件 在学生の学業成績上位で人物優良な者(学業成績については別途条件あり)
担当部署 学務部 学生課

※成績評価による順位算定のための前提条件

卒業認定単位取得状況
1年生終了時 38単位以上
2年生終了時 74単位以上
3年生終了時 114単位以上

3.学生として他の学生の範となることを行った者
4.学術・文化・スポーツなどで顕著な成果を収めた者
5.その他表彰するに相応しいと認められる者

(独)日本学生支援機構奨学金制度

目的

(独)日本学生支援機構の奨学金は、学生が自立して学ぶことを支援するために学生本人に貸与し、卒業後に学生本人が返還をするものです。

出願資格

学業が優秀であること 人物が優れていること 健康であること 経済的理由から修学が困難であること

募集時期

本学では、毎年4月に希望者を対象とした説明会を実施し、書類の配布及び申請等に関する説明を行います。申請希望者は必ずこの説明会に出席をしてください。

なお、この4月に実施する申請期間に申請を行わない場合には、年度中の申請は原則として行うことができません。ただし、家庭における経済状況の急変等があった場合には学生課に相談してください。(緊急・応急採用制度)

種類・貸与月額等

学部

第1種 在学中から返還完了時まで無利子
自宅通学者:30,000円または54,000円 自宅外通学者:30,000円または64,000円
第2種 卒業後、返還完了時まで有利子(年3%上限)
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円から希望する金額
入学時特別増額貸与 卒業後、返還完了時まで有利子
100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円から希望する金額

貸与期間

採用時から卒業時までの最短修業年限
ただし、学則に基づく処分を受けた場合や学業成績及び性行不良等の場合、また必要な手続きが完了しない場合等は期間中であっても奨学金の貸与が停止又は廃止となります。

条件

学力及び家計の状況等を総合的に判断し、採用が決定されます。
家計の状況については、それぞれの環境や状況によって異なります。

採用までの流れ

4月 説明会に出席
5月 書類の作成及び提出・インターネットを利用しての申請内容入力書類選考(確認)
6月 面接試験 → 推薦
7月 採用決定初回貸与(振込)

採用後の手続き等

7月 奨学生証・返還誓約書交付説明会(大学院は説明会の実施なし)
秋季 適格認定
「奨学金継続願」を提出し、大学で記入内容と学業成績等を判定し、奨学金の貸与継続について可否を決定します。

緊急・応急採用制度

家計支持者の失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等、または火災や風水害等により緊急に奨学金が必要となった場合には奨学金の申し込みができる制度があります。詳しくは学生課に相談してください。(事由発生より1年以内)

地方公共団体・各種団体奨学金

募集~申請等の流れ

大学では、各団体(自治体)等から奨学金の募集があった段階で、掲示板に募集の掲示を行います。
また、大学に募集の通知がこない奨学金もありますので、学生課またはお住まいの自治体担当部署等に問い合わせてみてください。

過去に本学に募集のあった団体リスト

福島県教育委員会 / 茨城県教育委員会 / 新潟県教育委員会 / 大田区 / 西東京市 / 上越市教育委員会
須坂市教育委員会 / 財団法人秋田県育英会 / 財団法人交通遺児育英会 / 財団法人岡山県育英会
財団法人山口県奨学会 / あしなが育英会 など

高千穂大学 入試課

〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19-1

フリーダイヤル TEL 0120-012-816

Copyright© Takachiho University. All rights reserved.