PDF

文字サイズ文字サイズ

  • Facebook
  • twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

博士後期課程

研究領域について

 本大学院では、修士課程で「経営学分野」「金融分野」「会計学分野」の3分野に研究領域を大別しておりますが、博士後期課程においても、この基本的な考え方に基づき、「金融分野」を統合した「経営学分野」と「会計学分野」の2分野に大別しています。

履修方法

コース選択について

 Aコース(平日昼間)またはCコース(土・日)のいずれかを選択します。修業年限は3年間です。

履修方法と科目選択について

 博士後期課程では、演習12単位を含め20単位を3年間で修得します。研究指導を中心としたカリキュラムには、院生個人の研究(自習)時間や個別指導時間を確保。自主的な編成を原則とした時間割に従い、院生個々人の研究に最も相応しい履修スタイルが採れるよう配慮しています。また、講義科目は、コースに関わらず、自由に選択することが可能です。

時間割の編成について

 講義の科目は隔年でAコース(平日昼間)とCコース(土・日)の全科目の約半数が一年ごとに入れ替わります。演習(研究指導)はAコース(平日昼間)、Cコース(土・日)のそれぞれに配置されています。

 標準年限3年間で修了が出来ない場合は、最長3年間、在学年限を延長することが可能です。

取得資格について

博士の学位を授与された者は、公認会計士試験の一部免除申請の資格が得られます。この場合の免除申請科目は、短答式試験及び論文試験における会計学と経営学です。

授業科目

高千穂大学 入試課

〒168-8508 東京都杉並区大宮2丁目19-1

フリーダイヤル TEL 0120-012-816

Copyright© Takachiho University. All rights reserved.