• twitter
  • YouTube
  • Instagram

MENU

本学サイト>高千穂大学・受験生向けサイト>学部紹介>2018年4月 商学部にファイナンシャルマスター・プログラムが誕生!
  • オープンキャンパス
  • slider02.png
  • ファイナンシャルマスタープログラム

2018年4月 商学部にファイナンシャルマスター・プログラムが誕生!

 

financialmaster.jpg

ファイナンシャルマスター・プログラム

金融のプロフェッショナルを育成するプログラム
金融業界を目指す学生を対象とし、金融の専門科目を学びながら、関連した資格取得を目指します。また、専任教員が資格取得やキャリア形成のサポートを行います。


学べる科目
金融の中心である理論を学び、2〜3年次までにFP3級の取得、卒業時までにFP2級、証券アナリスト1次試験科目合格、証券外務員試験2種合格、損保一般試験合格、宅建などを目指します。


卒業後の進路
銀行・信託銀行、信用金庫・信用組合、証券、保険(生保、損保)、リース・ノンバンク(クレジットカード)、投資運用といった金融業への就職を目指します。

ファイナンシャルマスタープログラム.jpg

2017年4月 商学部に観光・地域プログラムが誕生!

「場所」をマーケティングするプログラム!

訪日される外国人の方が多くなっていることに気がつきませんか?日本人気は当分続き,欧米,東アジア等から多くの観光客をひきつけています。このプログラムでは,日本の良さと地域の良さをPRする専門家を育成します。 

何ができるの?

マーケティング理論に裏付けされた企画立案とプレゼンテーション能力を育成します。今,必要とされる価値共創型のマーケティング提案をつくりましょう。 

75d57c576616c6eba31b7d573e0883c2_s.jpg
どんな科目を学べるの?

観光マーケティング論,地域ビジネス論(予定)が中心科目です。また外部講師の講義と企画立案,プレゼンテーションを組み合わせた商学特別講義もプログラムの中心科目となります。マーケティングコースにある他の科目(マーケティング論,サービス・マーケティング論など)では,企画に必要な知識を学びます。 

 

どうして観光・地域プログラムが新設されたの?

学園創設者の川田鐵彌先生は,民間による初の世界一周旅行に参加しました。イギリス,ドイツ,アメリカ合衆国の先進的な試みを我が国に導入する視察となったこの旅で,私学最初の高等商業学校の設立を思いついたと言われています。民間による観光,民間による地域活性が求められるなか,創設者の想いがこのプログラムに継承されています。 

 

学生と地域とのつながり

教室の中の学習ばかりではなく,アクティブ・ラーニングとして教室の外に出て,情報収集と企画提案を行う授業も満載。地域に飛び込み,観光資源としての「地域」をみんなで考えていきましょう。 

 

卒業後の進路は?

観光業,小売業,サービス業などの第三次産業で活躍できる人材を輩出します。 

2017年4月 経営学部に情報コースが誕生!

経営とITがわかるスペシャリストを育成します

① 情報技術を理解し, ビジネスに活用できる人を育成します。

② 経営の視点から情報技術や情報システムを扱える SE(システムエンジニア)を目指します。

③ 情報技術やデータ分析に基づいた問題解決のできる,ビジネスパーソンを目指します。 

どんなことができるの?

企業経営に関する多彩な科目が学べると同時に,プログラミングやデータベースなど実際にコンピュータを使用した実践的な情報通信技術を学ぶことができます。また,そうしたIT技術をどのように経営に活かしていくか,といったIT〜経営のつながりについても詳しく学ぶことができます。

b6101735e101a0cea358e0f3754f19b8_s.jpg
どんな科目を学べるの?

コンピュータ概論Ⅰ/Ⅱ、応用表計算(関数)(マクロ)、データベースⅠ/Ⅱ、マーケティング情報論Ⅰ/Ⅱ

マルチメディアⅠ/Ⅱ、経営工学,経営情報論、情報ネットワーク、データベース言語SQL Ⅰ/Ⅱ(予定)

 

どんな資格が取得できるの?
ITパスポート

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち,情報技術に携わる業務に就くか,担当業務対して情報技術を活用していこうとする者。

基本情報技術者

高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な能力を身につけた者。 

 

IT初心者でも大丈夫?

「ビジネスを学びたい!」と同時に,コンピュータ・インターネットなどのICTに興味がある人は,気軽に話を聞きに来てください。工学系・情報系の理系学部に進まなくても,文系の経営学部で、技術・情報のビジネスへの生かし方を学ぶことができます。

 

卒業後の進路は?

・一般企業の情報システム部

・ソフトウェアや情報システム開発などの情報通信産業

・インターネットビジネスやゲーム,アプリ,コンテンツなどの情報メディア産業